16.20 - 有効時間を含むテーブルに対する結合インデックスの作成 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ テンポラル テーブル サポート

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1182-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

有効時間を含むテーブルに結合インデックスを作成するには、結合インデックス定義内のSELECT文の前に、CURRENT VALIDTIME、NONSEQUENCED VALIDTIME、またはSEQUENCED VALIDTIME修飾子を指定します。例えば、次のようになります。

   CREATE JOIN INDEX Policy_JI AS
   CURRENT VALIDTIME SELECT Policy_ID, Policy_Type, Validity
   FROM Policy;

valid-time次元でcurrentまたはsequencedの結合インデックスは、SELECT文にvalid-time列を射影して、その結合インデックスが必ず適切に使用されるようにする必要があります。この例では、Validity列がvalid-time列になります。