16.20 - 現在パーティションの保守 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ テンポラル テーブル サポート

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1182-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

時間の経過とともに現在行は履歴行になるので、ALTER TABLE TO CURRENT文を定期的に使用して、現在パーティションの履歴行を履歴パーティションに移動する必要があります。ALTER TABLE TO CURRENTではパーティション式を再度解決します。これにより、各行は最新のパーティション式でそれぞれに適したパーティションに移動されます。以下に例を示します。

ALTER TABLE  temporal_table_name  TO CURRENT;

この文では、表に定義されたプライマリキーと固有性制約のために自動的に作成される、システム定義の結合インデックスも更新します。