16.20 - セッション テンポラル修飾子 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ テンポラル テーブル サポート

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1182-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

SET SESSION文を使用すると、セッション テンポラル修飾子をvalid-time次元またはtransaction-time次元、あるいはその両方の次元に設定できます。DML文またはSELECT文がテンポラル テーブルを参照するときにテンポラル修飾子が省略されていると、システムはセッション テンポラル修飾子の値を使用します。

CURRENT VALIDTIME AND CURRENT TRANSACTIONTIMEのセッション テンポラル修飾子を使用すると、テンポラル機能以前に記述されたアプリケーションは、テンポラル テーブルに変換されたテーブルにおいて非テンポラルの方法で変更なしに引き続き機能します。

HELP SESSION文の出力のTemporal Qualifierフィールドを参照すると、セッション テンポラル修飾子の設定をチェックできます。セッション テンポラル修飾子の詳細については、SET SESSION (セッション テンポラル修飾子)を参照してください。HELP SESSIONの詳細については、<Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語-構文規則および例、B035-1144>を参照してください。

最善の方法は、テンポラル テーブルで実行されるSELECT文とDML文で、デフォルトのテンポラル セッション修飾子ではなく、常に明示的なテンポラル修飾子を使用することです。