16.20 - 例: Transaction-Time列の削除 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ テンポラル テーブル サポート

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1182-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

transaction-timeテーブルまたは二重テンポラル テーブルからどのようなタイプの列を削除する場合でも、そのテーブルに対するNONTEMPORAL権限が必要になります。また、ALTER TABLEにNONTEMPORAL修飾子を使用する必要があります。

次のtransaction-timeテーブルについて考えてみます。

   CREATE MULTISET TABLE Customer (
      Customer_Name VARCHAR(40),
      Customer_ID INTEGER,
      Customer_Address VARCHAR(80),
      Customer_Phone VARCHAR(12),
      Customer_Duration PERIOD(TIMESTAMP(6) WITH TIME ZONE) NOT NULL
         AS TRANSACTIONTIME
      )
   PRIMARY INDEX ( Customer_ID );

Customerテーブルに対するNONTEMPORAL権限を所有しているとすると、次のALTER TABLE文はCustomer_Duration列を削除します。

   NONTEMPORAL ALTER TABLE Customer DROP Customer_Duration;

transaction-timeテーブルまたは二重テンポラル テーブルからtransaction-time列を削除すると、すべてのクローズ行(transaction-time次元のすべての履歴行)がテーブルから物理的に削除されます。