16.20 - 正規化テーブルのSELECT - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ テンポラル テーブル サポート

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1182-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

SELECT文でNORMALIZEキーワードを使用すると(オプション)、結果セットを正規化できます。SELECTのNORMALIZEオプションは、テーブル定義にNORMALIZEを持つテーブルと持たないテーブルのどちらでも使用できます。

テンポラル テーブルでSELECTリクエストが指定されたNORMALIZEを使用する場合に、次の考慮事項が適用されます。

  • 選択リストの少なくとも1つの列が、PERIOD列または派生PERIOD列である必要があります。
  • 選択リストの最初のPERIOD列は、正規化された列です。
  • SEQUENCED VALIDTIME SELECTでNORMALIZEを使用し、選択リストにPERIOD 列が射影されていない場合、システム射影された"VALIDTIME"列で正常化が発生します。
  • 派生PERIOD列でSELECT文を使用して正規化を実行することはできません。回避策として、派生PERIOD列の列構成要素から、真のPERIOD列を構成することができます。
  • transaction-time列を含むテンポラル テーブルのSEQUENCED SELECT文では、正規化はほとんど効果がないことに注意してください。これは、transaction-time列のほとんどの値が固有であり、正規化を妨げるためです。
  • NORMALIZEは、Subquery で指定できます。