Teradata StudioおよびStudio Expressへようこそ - Teradata Studio

Teradata® Studio™およびStudio™ Express インストール ガイド

Product
Teradata Studio
Release Number
20.00
Published
2023年10月
Language
日本語
Last Update
2024-02-10
dita:mapPath
ja-JP/auw1696897611677.ditamap
dita:ditavalPath
ft:empty
dita:id
ftk1467314950349

Teradata StudioおよびStudio Expressインストール ガイドの使用

このガイドでは、Teradata® Studio™およびTeradata® Studio™ Expressをさまざまなオペレーティング システムにインストールする際の依存関係と手順について説明します。このコンテンツは、システム管理者、データベース管理者、リレーショナル データベース開発者、ユーザー、およびTeradataカスタマー サポートを対象としています。

このコンテンツを使用する理由

このコンテンツを使用して、Teradata StudioおよびTeradata Studio Expressをダウンロードしてインストールする方法を習得します。また、このコンテンツを使用すると以下を行なうことができます。
  • TeradataStudio.iniファイルのJDKまたはJREの場所を更新する。
  • ローミング プロファイルを使用してワークスペースおよび構成情報ディレクトリを変更する。

このコンテンツの使用方法

このコンテンツには、サポートされるプラットフォームおよびデータベース、ハードウェアとソフトウェアの要件、およびTeradata StudioとTeradata Studio ExpressのJava実行環境の要件が含まれています。また、以下のオペレーティング システムにTeradata StudioおよびTeradata Studio Expressをインストールするための手順とコマンドも含まれています。
  • ウィンドウ
  • Apple macOS

使用を開始するときは

依存性のトピックから始めて、Teradata StudioまたはTeradata Studio Expressのインストールのためにシステムを準備します。詳しい要件については、以下のような個別のセクションを参照してください。