TeradataStudio.iniファイルのJDKまたはJREの場所の更新 - Teradata Studio

Teradata® Studio™およびStudio™ Express インストール ガイド

Product
Teradata Studio
Release Number
20.00
Published
2023年10月
Language
日本語
Last Update
2024-02-10
dita:mapPath
ja-JP/auw1696897611677.ditamap
dita:ditavalPath
ft:empty
dita:id
ftk1467314950349

Teradata Studioをインストールすると、TeradataStudio.iniファイルがインストール ディレクトリで作成されます。例えばWindowsの場合、ファイルは次の場所にあります。

C:\Program Files\Teradata\Client\20.00\Teradata Studio nt-x8664

Teradata Studioのインストールが完了しTeradataStudio.iniファイルが作成されると、Javaベンダーのダウンロード サイト(Azul、OpenJDK、Oracle など)からバージョンを自動更新している場合、JDKまたはJREの場所が変わる可能性があります。

JDKまたはJREの場所を変更する場合、TeradataStudio.iniファイルの参照をその場所に変更します。

  1. コンピュータで以下のファイルの場所を特定します。

    [Java 11] -vm C:\Program Files\Java\jdk11\bin\javaw.exe

    [Java 17] -vm C:\Program Files\Java\jdk-17\bin\javaw.exe

  2. TeradataStudio.iniファイルを開きます。
    C:\Program Files\Teradata\Client\20.00\Teradata Studio nt-x8664
  3. JDKまたはJREの場所を参照する.iniファイル内の行を更新します。