Teradata Database メッセージ 5628 - 17.10 - 5628 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - データベース メッセージ

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1096-171K-JPN
Language
日本語 (日本)
メッセージ
Column %FSTR not found in %VSTR.
説明
1つ以上のサブクエリーがあるクエリー内のそれぞれの列参照は、その参照先である非相関サブクエリーのFROM句のテーブルまたはビューを参照する必要があります。参照しておらず、列がテーブル名またはビュー名で修飾されている場合、そのテーブルまたはビューが、現在のサブクエリーのFROM句に暗黙的に追加されます。Teradata V2R4.1より前のバージョンでは、修飾されていない列参照によって、その列が含まれている外側のクエリー ブロックのテーブルまたはビューが現在のサブクエリーのFROM句に追加されてしまうということもありました。V2R4.1以降のバージョンでは、列参照が修飾されていない場合、現在の非相関サブクエリー レベルのどのテーブルまたはビューにも見つからなければ、その列が見つからなかったというエラーが返されます。相関サブクエリーで、選択式リストの列参照が修飾されていない場合、現在の相関サブクエリー レベルのどのテーブルまたはビューにも見つからなければ、その列が見つからなかったことを示すエラーが返されます。相関条件内の修飾されていない列参照の場合、DBSの内部パラメータCheckCorrColumnRefの設定に応じて、エラーまたは警告が報告されることがあります。このパラメータでは次の3つの値のいずれかが使用されます。N - 相関条件の修飾されていない列参照で、その列がどのテーブルにも見つからない場合、現在の相関サブクエリー レベルまたは外側のクエリーのビューで、エラーが報告されます。W - 相関条件の修飾されていない列参照で、その列がどのテーブルにも見つからない場合、現在の相関サブクエリー レベルのビューで、警告が報告されます。E - 相関条件の修飾されていない列参照で、その列がどのテーブルにも見つからない場合、現在の相関サブクエリー レベルのビューで、警告が報告されます。修飾されていない列%FSTRは、問題のある列参照のサブクエリー ネスト レベルにあるクエリーまたはサブクエリーのFROM句内のどのテーブルまたはビューにも見つかりませんでした。%VSTRは、解決できなかった列参照が含まれているクエリー ブロックのFROM句で参照されているテーブルとビューのリストです。
発生源
RESモジュール
対象ユーザー
エンド ユーザー
注意
なし
対処法
列の名前の綴りをチェックします。または、列が存在する表やビューを正しく参照したかどうかをチェックします。このメッセージで指定された項目が列ではなく、データを意図している場合は、正しい構文を使用してデータ型を指定していることを確認します (英数字定数は引用符で囲む必要があります)。適切に修正し、クエリを再送信します。