Teradata Database メッセージ 3115 - 17.10 - 3115 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - データベース メッセージ

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1096-171K-JPN
Language
日本語 (日本)
メッセージ
Response buffer size is insufficient to hold one record > 32KB.
説明
このエラーは、ホストに戻される可能性のある最小バイト数が、ホスト アプリケーションがRESPまたはKEEPRESPパーセルに指定したバイト数よりも大きい場合に発生します。このエラーは、ユーザーが32KB以下のサイズの応答バッファを指定したが、実際のデータが32KBを超えている場合に発生します。これは、直前のホスト ユーティリティが再試行するのを防ぎ、64KB-RowSizeのホスト ユーティリティが正しく動作するようにするためです。
発生源
ディスパッチャ
対象ユーザー
エンド ユーザー
注意
1つの行全体が、RESPまたはKEEPRESPパーセルに指定されたバイト数に収まらなければなりません。このエラーが戻されたERRORパーセルは、Infoフィールドに必要な最小バイト数を示します。このメッセージ テキストの代わりに、"メッセージのサイズが32KBを超えているため、ユーザー バッファがオーバーフローしています。"という文字列が返されることがあります。この代替テキストは、エラー3115のテキストと同じ意味です。
対処法
64 KBの行サイズを処理できないホスト ユーティリティの場合は、要求を再送信すべきではありません。64KBの行サイズを処理できるホスト ユーティリティの場合は、アプリケーションの応答バッファ サイズを、最低でもERRORパーセルのInfoフィールドに戻されたサイズ(ただし64,256を超えないサイズ)に拡張して、新しい応答バッファ サイズを指定する単一のRESPまたはKEEPRESPパーセルを含むCONTINUE要求を実行依頼します。応答バッファサイズの変更方法については、コールレベルインタフェースのリファレンスマニュアルを参照してください。