Teradata Database メッセージ 5730 - 5730 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - データベース メッセージ

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Published
2021年7月
Language
日本語
Last Update
2021-08-17
dita:mapPath
ja-JP/oix1623870919714.ditamap
dita:ditavalPath
ft:empty
dita:id
vza1585613049811
NMT
yes
Product Category
Software
Teradata Vantage
メッセージ
Invalid DROP RANGE WHERE partition condition for level %VSTR.
説明
DROP RANGE[#Ln] WHERE句と単一レベルのパーティション化プライマリ インデックスがあるALTER TABLE文の場合、パーティション条件式は、システム派生列PARTITIONまたはPARTITION#L1のいずれか一方を参照し、他の列は参照しない条件式である必要があります。テーブルにPARTITIONという名前の明示的な列が含まれている場合は、条件式でPARTITIONを使用できません。テーブルにPARTITION#L1という名前の明示的な列が含まれている場合は、条件式でPARTITION#L1を使用できません。テーブルにPARTITIONおよびPARTITION#L1という名前の明示的な列が含まれている場合は、このWHERE形式を指定できません。マルチレベルのパーティション化プライマリ インデックスの場合、パーティション条件式は、システム派生列PARTITION##Ln(nは、対応するDROP RANGE[#Ln]のデフォルトまたは指定されたレベル)を参照し、他の列は参照しない条件式である必要があります。テーブルにPARTITION#Lnという名前の明示的な列が含まれている場合は、このWHERE形式を使用できません。システム派生列PARTITIONは、条件式では使用できません。
発生源
RESモジュール
対象ユーザー
エンド ユーザー
注意
なし
対処法
SQL文を調べ、要求が正しいかどうかを確認します。パーティション化されたプライマリ インデックス ルールに準拠するようにステートメントを変更し、要求を再送信します。