最後に記録されたチェックポイントからのジョブの再始動 - Parallel Transporter

Teradata® Parallel Transporter ユーザー ガイド

Product
Parallel Transporter
Release Number
17.20
Published
2022年6月
Language
日本語
Last Update
2022-08-22
dita:mapPath
ja-JP/uzp1645128359760.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/tvt1507315030722.ditaval
dita:id
B035-2445
Product Category
Teradata Tools and Utilities

最後に記録されたチェックポイントからジョブを再始動する手順は次のとおりです。

  1. 失敗の原因となったエラーが、チェックポイントの再始動を完全または制限付きでサポートするオペレータと関連付けられているかどうかを確認します。
  2. tbuildが再始動に使用するチェックポイント ファイルのIDと格納場所、およびチェックポイント間隔を指定する必要があるかどうかを確認します。
  3. tbuild再始動コマンドを実行します。
  4. ジョブが再始動し、正しく実行されると、Teradata PTはチェックポイント ファイルを自動的に削除します。