アクセス モジュールの指定 - Parallel Transporter

Teradata® Parallel Transporter ユーザー ガイド

Product
Parallel Transporter
Release Number
17.20
Published
2022年6月
Language
日本語
Last Update
2022-08-22
dita:mapPath
ja-JP/uzp1645128359760.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/tvt1507315030722.ditaval
dita:id
B035-2445
Product Category
Teradata Tools and Utilities

ターゲット データベースとインターフェース接続するためのアクセス モジュールの使用をオプションで指定するためには、DataConnector (コンシューマ)オペレータでAccessModuleName属性を使用します。 DataConnectorオペレータ定義では、アクセス モジュール初期化文字列を定義するために、AccessModuleInitStr属性の値も指定する必要があります。

Teradata PTでアクセス モジュールを使用するための要件の詳細については、<Teradata Tools and Utilities Access Module リファレンス、B035-2425>を参照してください。

z/OSでアクセス モジュールを使用する方法の詳細については、アクセス モジュールを使用した外部データ ソースからのデータの読み取りを参照してください。