16.20 - メモリ内最適化の強化機能 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage NewSQLエンジンのリリース サマリー

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
リリース ノート
Publication ID
B035-1098-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

メモリ内最適化のテクニックは、以下の新機能のサポートによって強化されています。

  • 2段階CP結合、外部ハッシュ結合およびPRPD結合に対するメモリ内ハッシュ結合
  • メモリ内ハッシュ結合とDML文のバルク修飾
  • 次のものに対するSingle Instruction Multiple Data (SIMD)データ レベルの並列処理
    • 異なるデータ型(例えば、BYTEINTとINT)間の述部の比較
    • DECIMALデータ型の比較
    • 動的なハッシュ結合でのハッシュ計算
  • 新しいAllRowsOneAMPメモリ内ハッシュ結合、この場合、メモリ内最適化スプールは1つのAMPに複製される
  • より多くの比較演算子への強化されたMVC対応バルク修飾。ランレングス(RL)圧縮とRL対応のバルク修飾とともにMVCをサポート

利点

  • メモリ内ハッシュ結合とより多くの領域でのバルク修飾をサポートすることにより、CPUのパフォーマンスが向上します。
  • メモリ内最適化スプールを1つのAMPに複製することで、I/OとCPUのパフォーマンスが向上します。
  • MVC圧縮およびRL圧縮されたデータを圧縮解除する必要なくバルク修飾を行なうことにより、CPUのパフォーマンスが向上します。
  • 述部と10進数の比較、動的なハッシュ結合でのハッシュ計算のCPUパフォーマンスが向上します。

考慮事項

  • 述部およびDECIMAL比較のパフォーマンス改善、および動的ハッシュ結合でのハッシュ計算には、Intel "Haswell"およびより新しいCPUアーキテクチャを使用する、より新しいTeradataシステム(Teradata 6800/2800/1800/680以降)が必要です。
  • 圧縮対応のバルク修飾は、自動圧縮の列パーティション化されたデータにのみ適用されます。
  • AllRowsOneAMPメモリ内ハッシュ結合最適化は、結合が動的行パーティション排除(DPE)メモリ内ハッシュ結合か、または部分再配置および部分重複(PRPD)最適化の一部となるメモリ内ハッシュ結合に対するものの場合、適用できません。
  • AllRowsOneAMPメモリ内ハッシュ結合のリソース消費モードは、リソース消費(I/OおよびCPU)を改善する可能性がありますが、これは経過時間を犠牲にします。

追加情報

クエリー リライトおよび最適化の詳細については、<Teradata Vantage™ SQLリクエストおよびトランザクション処理、B035-1142>を参照してください。