16.20 - MAPSアーキテクチャ - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage NewSQLエンジンのリリース サマリー

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
リリース ノート
Publication ID
B035-1098-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

Teradata Databaseはこの機能により、テーブルと結合インデックスのデータ分散に対して複数のマップを使用できます。マップには、システム内の全AMP、またはテーブルと結合インデックスの行が分散されるAMPのサブセットを含めることができます。すべてのテーブルと結合インデックスがマップの使用のために、CREATE/ALTER文で明示的に、またはTeradata Databaseによってデフォルトで割り当てられます。

Teradata ViewpointのMAPS Managerポートレットは、マップの使用の分析およびマップ間でのデータベース オブジェクトの移動を促進できます。

利点

  • 分析エコシステム全体に高いデータ可用性を提供します。システム拡張後のシステムの再構成とデータ再分散に必要なメンテナンス ウィンドウを劇的に減らします。
  • 小さいテーブル(1つのAMPまたは少数のAMP)を「スパース」マップに関連付けることで、データ分散を効率化し、最適なリソース利用を実現します。
  • Teradata Databaseには2つのスパース マップが含まれており、適切な権限を持つユーザーは必要に応じて追加のスパースマップを作成できます。
  • システムの拡張後、システムの可用性への影響を最小限に抑えながら、新しいテーブル、ビュー、プロシージャを提供して、複数のマップの管理、新しいマップへのテーブルの移行を支援します。
  • クエリーの同時並行性の向上により、戦術的クエリーのパフォーマンがより安定化します。
  • マップをテーブル演算子と外部サーバーに関連付けることで、オペレータ関数コードを確実に格納し、演算子が実行されるテーブルのデータを格納するAMP上だけでオペレータ関数コードを実行することができます。

考慮事項

  • Teradata MAPS機能では、DIPでインストールされる新しいデータベース、TDMapsを導入しています。TDMapsは新しいテーブル、ビュー、プロシージャを搭載してマップの管理を支援します。
  • TDMapsの権限をマップ管理者に付与する必要があります。
  • 16.10以前のバージョンのTeradata Databaseからアップグレードされたシステムでは、MAPSはデフォルトで無効にされています。マップを有効にした後、システムを以前のリリースに戻すことはできません。Teradata Database 16.10で再初期化(SysInit)または同バージョンに移行されたシステムでは、MAPSはデフォルトで有効にされています。
  • Teradata MAPS機能では、新しい専用のフォールバックスキーマを導入しています。Teradata Database 16.10で作成されたマップを使用するすべてのテーブルでこのスキーマが使用されます。
  • Teradata MAPSアーキテクチャ機能は、ARC (arcmain) Archive/Recoveryユーティリティとは互換性がありません。MAPSを有効にした場合は、Teradata Data Stream Architecture (DSA)を使ってアーカイブ/回復操作を実行する必要があります。DSAの詳細については、<Teradata® DSAユーザー ガイド、035-3150>を参照してください。

SQLの変更

新しいSQL文:
  • CREATE MAP, DROP MAP, SHOW MAP
  • GRANT MAP, REVOKE MAP
MAPオプションを許可するように変更されたSQL文:
  • CREATE TABLE, CREATE TABLE AS, ALTER TABLE
  • CREATE JOIN INDEX, ALTER JOIN INDEX
  • CREATE HASH INDEX, ALTER HASH INDEX
  • CREATE DATABASE, CREATE USER, MODIFY DATABASE, MODIFY USER
  • CREATE PROFILE, MODIFY PROFILE
  • CREATE FUNCTION, REPLACE FUNCTION
  • CREATE FOREIGN SERVER, MODIFY FOREIGN SERVER
マップ情報を表示するようになったSQL文:
  • EXPLAIN [IN XML]
  • HELP SESSION
  • SHOW [IN XML] TABLE
  • SHOW [IN XML] JOIN INDEX
新機能:
  • SYSLIB.ContiguousMapAMPs
  • SYSLIB.SparseMapAMPs
  • SYSLIB.SparseTableAMPs
変更された関数:
  • HASHAMP, HASHBACKAMP
新しいSQLプロシージャ:
  • AnalyzeSP
  • CreateMapListSP、AddMapListEntrySP、AddMapListEntrySPX
  • CreateObjectListSP、AddObjectListEntrySP、AddObjectListEntrySPX
  • CreateExclusionListSP、AddExclusionListEntrySP、AddExclusionListEntrySPX
  • MonitorAnalyzeSP
  • CleanUpAnalyzerSP
  • ManageMoveTablesSP
  • MoveTablesSP
  • MonitorMoveTablesSP
  • StopMoveTablesSP
  • CleanUpMoveTablesSP
  • MoveTDMapsTablesSP
  • TruncateHistorySP
  • AdjustSpace

追加情報

トピック ドキュメント
マップ Teradata Vantage™ データベース設計、B035-1094
マップの作成とテーブルへのマップの関連付け Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語-構文規則および例、B035-1144
テーブル演算子と外部サーバーへのマップの関連付け Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語-構文規則および例、B035-1144のEXECUTE MAP句
マップの管理 Teradata Vantage™ - データベース管理、B035-1093
Teradata ViewpointのMAPS Managerポートレット Teradata® Viewpointユーザー ガイド、B035-2206
新しいSQLプロシージャとマクロの構文 Teradata Vantage™ SQL演算子とユーザー定義関数、B035-1210
ConfigurationユーティリティとReconfigurationユーティリティ サポート ユーティリティ、B035-1180