16.20 - LAG/LEAD関数 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage NewSQLエンジンのリリース サマリー

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
リリース ノート
Publication ID
B035-1098-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

LAGおよびLEAD機能は、Teradata Databaseが提供する順序付き分析関数に追加されます。LAG関数は、ウィンドウ グループ内の指定されたオフセット値の現在行の前の行のデータにアクセスし、LEAD関数は、ウィンドウ グループ内の指定されたオフセット値の現在行の次の行のデータを返します。

関数は互換性を向上させ、OLAP および意思決定サポート クエリーにTeradata Databaseで使用されます。関数は、データ移行を改善するために、Teradata構文とANSI構文の両方をサポートします。

利点

  • その他のデータベースとの互換性を提供し、他のデータベースからのデータ移行を簡素化します。
  • Teradata Databaseの互換性をSQL標準に向上させます。

考慮事項

LEAD関数は次の行に表示される値を返し、LAG関数は前の行の値を提供します。

追加情報

LAG/LEAD関数の詳細については、<Teradata Vantage™ SQL関数、式および述部、B035-1145>を参照してください。