16.20 - UDTとCDTのメタデータと値をテーブル演算子に渡す - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage NewSQLエンジンのリリース サマリー

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
リリース ノート
Publication ID
B035-1098-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

この機能は、ユーザー定義データ型(UDT)および複合データ型(CDT)のメタデータおよび値を、C/C++およびJavaで記述されたテーブル演算子に渡すことをサポートします。デフォルトで、UDTおよびCDTデータ値はテーブル演算子に対して変換されたフォームで渡されます。変換されたフォームは事前定義データ型であり、UDTまたはCDTに対して定義されたデフォルトの変換関数を呼び出すことで、UDTまたはCDT値の変換先となるものです。

変換されない(分割不能)フォームで送受信されるSTRUCTURED型UDT、PERIOD、およびARRAYの値をリクエストするテーブル演算子を許可するためのオプションも提供されています。

利点

UDTおよびCDTデータ値は、C/C++およびJavaのテーブル演算子に対して変換または変換されないフォームでメタデータ情報とともに渡すことができます。

追加情報

テーブル演算子に対するUDTおよびCDTメタデータおよび値の詳細については、<Teradata Vantage™ SQL外部ルーチン プログラミング、B035-1147>を参照してください。