16.20 - TASM I/O 使用量イベント - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage NewSQLエンジンのリリース サマリー

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
リリース ノート
Publication ID
B035-1098-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

I/O使用量システム イベントを使用すると、帯域幅を動的に監視してI/Oボトルネックを検出し、そのスコープを決定できます。以前は、I/Oの問題を検出するには、詳細にわたる綿密な分析が必要でした。このイベントは、クリークの論理装置(LUN)とを配列型TASMを監視し、最も脆弱なスループット問題を決定し、I/O使用量が容量に近づくと反応します。

ユーザーは、次のイベント条件を構成できます。
  • 監視対象のLUNの割合。
  • イベントをトリガーする使用帯域幅の割合。
  • イベントのトリガーに使用される帯域幅のしきい値である必要があるLUNの割合。
  • 制限方法。
  • 制限時間。
例:
  • ターゲットLUNの10%を監視します。
  • これらのLUNの1% が潜在的な帯域幅の80%である場合に、イベントをトリガーします。
  • 10分を超えるデータを平均します。

利点

  • 利用可能なシステム リソースとシステム全体の状態を確認できます。
  • パフォーマンスのトラブルシューティングに役立ちます。

考慮事項

  • このイベントは、ディスク アレイ タイプがサポートされているシステムでのみサポートされます。
  • このイベントでは、オンプレミスとクラウド の両方のシステムがサポートされます。
  • TDWMは、システムのI/O値をWorkload Management Capacity on Demand(WM COD)に自動的に調整します。例えば、システムのWM CODが75%(システムの¾を使用)で、帯域幅が使い果たされた場合、I/O使用量イベントは使用量が100%と報告します。システムは使用可能な100%のI/Oを使用しています。
  • TDWMは、システムのI/O値をPlatform Metering Capacity on Demand(PM COD)に調整しません。DBAは、帯域幅の割合を調整してPM COD値を反映する必要があります。例えば、PM COD値が80%の場合、サイトはその80%のしきい値が100%であるかのように対応する必要があります。

追加情報

詳細については、<Teradata Vantage™ ワークロード管理ユーザー ガイド、B035-1197>または<Teradata® Viewpointユーザー ガイド、B035-2206>を参照してください。