16.20 - テンポラルFROM句の強化機能 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage NewSQLエンジンのリリース サマリー

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
リリース ノート
Publication ID
B035-1098-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

テンポラル テーブルを含むクエリーのFROM句は、AS OF修飾子に加えて、VALIDTIMEおよびTRANSACTIONTIME修飾子のCURRENTおよびNONSEQUENCEDを受け入れることができるようになりました。AS OF修飾子は列式を受け入れることができるようになりました。

利点

  • テンポラル テーブルに対するクエリーの柔軟性の向上。
  • 文およびクエリーの個々のテーブル レベルでのテンポラル修飾子の混合が可能。

考慮事項

  • FROM句のテンポラル修飾子は、文レベルの同じテンポラル次元の修飾子より優先されます。
  • FROM句で参照されるテンポラル テーブルのvalid-timeまたはtransaction-time列は、クエリーのスコープ内にあるとみなされ、したがって、WHERE条件やJOIN条件のように、クエリー内の任意の場所で参照できます。
  • AS OF修飾子のdate_timestamp_expressionがテーブルの列を参照する場合、Teradata Databaseは参照列の各値のテンポラル テーブルにAS OF修飾子を適用し、すべての結果の組み合わせを返します。
  • UPDATE文またはDELETE文のFROM句内のテンポラル修飾子に関連するテーブルは、DELETE文またはUPDATE文が変更するテーブルにすることはできません。

SQLの変更

FROM句(テンポラル形式)

追加情報

FROM句(テンポラル形式)の詳細については、<Teradata Vantage™ テンポラル テーブル サポート、B035-1182>を参照してください。