16.20 - システム パフォーマンス モニターとプロダクト制御(PMPC)APIの強化機能 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage NewSQLエンジンのリリース サマリー

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
リリース ノート
Publication ID
B035-1098-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

リリース16.00には、次のPMPC強化機能があります。

  • Flex Throttle のサポート:
    • MONITOR SESSION、MonitorMySessions、およびMonitorSessionにReqFlexReleasedを追加。
    • EVENT STATUSとTDWMEventMappingにEventClassを追加。
    • 追加のイベント インジケータをEVENT STATUSのStatement 3のEventKindに、また、TDWMEventMappingのEventKind Result Rowsに追加。
    • TDWM SUMMARYとTDWMSummaryにFlexActive、FlexComplete、およびFlexArrivalsを追加。
    • TDWM STATISTICSのStatement 1とStatement 2にFlexEligibleを追加。TDWM STATISTICSのStatement 4にFlexReleasedを追加。
    • TDWMThrottleStatisticsとTDWMGetDelayedQueriesにFlexEligibleを追加。
  • ReqMapNo、ReqMaxNumMapAMPs、ReqMinNumMapAMPs、およびReqSysDefNumMapAMPsをMONITOR SESSION、MonitorMySessions、およびMonitorSessionに追加。
  • DefaultDBNameをMONITOR SQLおよびMonitorSQLCurrentStepに追加。
  • リモート システムでのSQL式、結合、および集約をサポート: ReqRemoteHostIpおよびReqServerNameをMONITOR SESSION、MonitorMySessions、およびMonitorSessionに追加。
  • AvailableAWTsForAllをMONITOR AWT RESOURCEおよびMonitorAMPLoadに追加。
  • セッションごとの偏ったスプール使用率をユーザーが追跡できるようにするため: ReqHotAmpSpoolおよびReqHotAmpSpoolIdをMONITOR SESSION、MonitorMySessions、およびMonitorSessionに追加。

考慮事項

PM/APIリクエストを使用する場合、モニター ソフトウェア バージョン13を使用して、この機能で説明されているデータをレポートする必要があります。

追加情報

詳細は、<Teradata Vantage™アプリケーション プログラミング リファレンス、B035-1090>を参照してください。