16.20 - TASM: Flex Throttle - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage NewSQLエンジンのリリース サマリー

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
リリース ノート
Publication ID
B035-1098-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

ワークロード スロットルは、アクティブなリクエストの数を制限することによってリソースの競合を減らし、システム パフォーマンスを向上させます。ただし、システムが容量以下で動作しているとき、ワークロード スロットルはシステム リソースの完全な活用を妨げることがあります。このリリースの前、データベース管理者は、システム条件が変化したときにスロットルされた作業を手動で解放したりスロットルを継続的に調整したりすることによってビジー状態の時間を減らす利点を得ることができました。これら両方のオプションは労働力を要し、柔軟性がありませんでした。

現在、Flex Throttleは、利用可能なリソースを検出し、ワークロード スロットルによって遅延しているいくつかのリクエストを自動的に解放することができます。これを行なうには、ユーザーはデフォルト値を受け入れるか、Viewpointワークロード管理ポートレットで次の値を定義することができます。
  • ルールセットのFlex Throttleの有効化オプションがアクティブかどうか
  • システム リソースが利用できると見なされるとき
  • TASMが利用可能なリソースを検出したときに行なうアクション
  • Flex Throttleを使用することができる状態のワークロード

利点

  • 柔軟性の高さにより、DBAはシステムの過負荷を防ぎ、空きリソースのある期間を活用することができます。
  • 自動化の拡大により、DBAのワークロードが削減され、必要な場合に介入することができます。

考慮事項

  • Flex Throttleによって同時リクエストの数が変化するため、DBA にはスロットルが正常に動作しているかどうかがわからないことがあります。この機能を有効にすることの影響を評価するためには、まず評価モードで試すことができます。評価モードでは、TDWMイベント ログが詳細な仮想の結果を報告します。
  • この機能は、TASMを使用するSLES 11システムでのみ利用可能です。

追加情報

詳細については、<Teradata Vantage™ ワークロード管理ユーザー ガイド、B035-1197>または<Teradata® Viewpointユーザー ガイド、B035-2206>を参照してください。