16.20 - 機能使用ロギング - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage NewSQLエンジンのリリース サマリー

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
リリース ノート
Publication ID
B035-1098-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

データベース機能の使用情報をログに記録する機能を提供します。

機能の使用ロギングは、特定のクエリーで使用するさまざまなTeradata Database機能に関する情報をキャプチャします。この情報を使用すると、例えばどの機能が最もよく使用されるのかを特定することができます。機能の使用情報は、DBC.DBQLogTblのFeatureUsage列に記録されます。

利点

  • 最もよく使用される機能を識別する機能を提供します。現在の使用カウント情報を表示するには、DBC.QryLogFeatureUseCountVおよびDBC.DBQLogTblのFeatureUsage列にあるバイナリ データにアクセスできます。使用カウント情報は、DBC.DBQLogTblの行数に基づいています。
  • 機能使用ロギング データは、リクエストがキャッシュされるかどうかにかかわらず、すべてのリクエストで使用可能です。

考慮事項

  • AMPで表示される機能のみではなく、PE(パーシング エンジン)からの機能のみをキャプチャします。記録されている機能の現在の一覧を表示するには、次の文を使用できます。
    SELECT featurename FROM DBC.QryLogFeatureListV;
  • FeatureUsage列は、使用情報をバイナリ形式で格納します。TD_DBQLFULテーブル関数を使用すると、バイナリ データをJSON文書に変換できます。JSON形式の機能使用情報を表示するには、QryLogFeatureJSONビューのFeatureInfo列にアクセスできます。
  • 機能の使用ロギングでは、データベース機能を使用するサードパーティ製アプリケーションなどのユーティリティや外部ツールではなく、データベース機能の使用状況を追跡します。特定の機能は、さまざまな操作で使用される共通の機能も提供します。

SQLの変更

  • BEGIN QUERY LOGGING文、FEATUREINFOオプション
  • REPLACE QUERY LOGGING文、FEATUREINFOオプション
  • Show Query Logging文、FeatureUsageオプションのステータス

追加情報

機能の使用ロギングの詳細については、次を参照してください。
  • Teradata Vantage™ - データベース管理、B035-1093
  • Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語-構文規則および例、B035-1144
  • Teradata Vantage™ SQL演算子とユーザー定義関数、B035-1210
  • Teradata Vantage™ データ ディクショナリ、B035-1092