16.20 - AES-GCM保護品質のためのTDGSSサポート - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage NewSQLエンジンのリリース サマリー

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
リリース ノート
Publication ID
B035-1098-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

この機能は、メッセージ暗号化および保全性の現在のセキュリティ基準を満たすために、新しい一連のTDGSS保護品質(QoP)アルゴリズムを提供します。次の暗号モードが追加されました。

  • ガロア/カウンタ モード(GCM)
  • 暗号ブロック連鎖MACを使用するカウンタ(CCM)
  • カウンタ モード(CTR)

利点

  • 新しいQoPsは、現在のQoPsと下位互換性があり、連動するように構成できます。
  • この機能により、ブロック暗号モード、セキュア ハッシュ規格、およびキー ハッシュ メッセージ認証コード向けの、米国標準技術局(NIST)の規格と推奨に準拠することができます。

考慮事項

  • GCMとCCMは暗号化モードで認証されています。
  • CCMモードはJavaではサポートされていません。
  • GCMモードはJava 1.8以降でサポートされています。
  • デフォルトで有効になっている以外のQoPsまたはモードを有効にするには、TPAの再起動が必要です。
  • Unityでこの機能を有効にするには、TDGSSをアップグレードする必要があります。

追加情報

AES GCMの保護品質の詳細については、<Teradata Vantage™ NewSQLエンジンのセキュリティ管理、B035-1100>を参照してください。