16.20 - サードパーティ製のデータベース モニター ツールのゲートウェイ サポート - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage NewSQLエンジンのリリース サマリー

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
リリース ノート
Publication ID
B035-1098-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

新しいAPIとゲートウェイ コマンドにより、サードパーティ製のデータベース アクティビティ モニター ツールがサポートされます。

クライアント セッションは、Teradata Databaseへのゲートウェイを介して通信します。サードパーティ製のデータベース アクティビティ モニター ツールをサポートするため、Teradataはプロバイダー提供のモニター ライブラリを使用してサードパーティ製のモニター ツールまたはアプライアンスへのゲートウェイとの間のすべての通信量を送信できるようになりました。Teradataは、プロバイダーのライブラリにこの目的のために実装できる新しいモニターAPIを定義し、新しいゲートウェイ コマンドによって、モニター ライブラリを使用するかどうか、およびその使用方法を制御します。

利点

サードパーティ製のデータベース アクティビティ モニター ツールおよびソフトウェアがTeradata Databaseでスムーズに動作するようにできます。

考慮事項

この機能は、データベース アクティビティ モニター ツール用にサード パーティ プロバイダーが提供するモニター ルーチンのライブラリを利用しています。

追加情報

  • 新しいGateway Control (gtwcontrol) --monitorlibオプションの詳細については、<Teradata Vantage™ - データベース ユーティリティ、B035-1102>を参照してください。
  • Teradata Databaseモニター ライブラリAPIの詳細については、Teradata担当者にお問い合わせください。