16.20 - リリース16.20機能更新1向けTeradata分析関数 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage NewSQLエンジンのリリース サマリー

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
リリース ノート
Publication ID
B035-1098-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

Teradata分析関数は順序付きデータを分析します。順序付きデータとは、クリックストリーム、財務トランザクション、オンライン ユーザーの相互対話などの時系列データです。次のTeradata分析関数は、Teradata Database 16.20機能更新1の新機能です。

関数名 説明
Attribution 広範な分散モデルのアトリビューションを計算します。多くの場合、Webページの分析で使用されます。
DecisionTreePredict ML Engine DecisionTree関数によって生成されたモデルを使用して入力データを分析し、予測を行ないます。
GLMPredict ML Engine GLM関数によって生成されたモデルを使用して入力データを分析し、予測を行ないます。
NaiveBayesPredict ML Engine Naive Bayes Classifier関数によって生成されたモデルを使用して入力データを分析し、予測を行ないます。
NaiveBayesTextClassifierPredict ML Engine NaiveBayesTextClassifierTrainer関数によって生成されたモデルを使用して入力データを分析し、予測を行ないます。
NPath 1つ以上の入力からの一連の行に対して通常のパターン マッチングを実行します。
RandomForestPredict ML Engine RandomForest関数によって生成されたモデルを使用して入力データを分析し、予測を行ないます。
Sessionize クリックストリーム内の各クリックを固有のセッション識別子にマップします。
SVMSparsePredict ML Engine SVMSparse関数によって生成されたモデルを使用して入力データを分析し、予測を行ないます。

追加情報

Teradata分析関数の詳細については、<Teradata Vantage™ NewSQLエンジン分析関数、B035-1206>を参照してください。