16.20 - ヒートマップ テーブル関数(tdheatmap) - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage NewSQLエンジンのリリース サマリー

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
リリース ノート
Publication ID
B035-1098-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

tdheatmapテーブル関数は、AMPごとにテーブル データの温度(アクセス頻度)に関するレポートを提供します。

利点

  • tdheatmapは、古いスタンドアロン バージョンのtd1410_heatmapを置き換える、組み込みのTeradata Databaseテーブル関数です。
  • 新しい温度パーセン タイル、グレード、メディア タイプ、およびストレージ クラスのフィールドをレポート出力に追加します。
  • テーブルへのアクセス傾向を示す、特定のテーブルのヒートマップの履歴テーブルを作成するために使用できるヒートマップ ビューを作成できます。
  • この機能に含まれているDBC.tdheatmap_mマクロは、tdheatmap関数によって生成される情報を使用してレポートを生成します。また、(IDではなく)データベースとテーブル名、および日付、時刻、およびシリンダIDのフィールドを追加します。
  • 一般に、単一のAMPのヒート マップは、システムのすべてのAMPを適切に表現します。tdheatmapテーブル関数は、単一のユーザー指定のAMPで実行されます。

考慮事項

  • この関数を使用するには、温度ベースのブロック レベル圧縮機能を有効にする必要があります。または、Teradata Virtual Storage機能のライセンスを保有している必要があります。
  • td1410_heatmapを以前にインストールしている場合、Teradata Database 16.00にアップグレードすると、この古いバージョンはシステムから削除されます。td1410_heatmapを参照するスクリプトをインストールしている場合、新しい関数名のtdheatmapを使用するようにそれらを書き換える必要があります。
  • tdheatmap関数は、非保護モードで実行されます。
  • 複数のTeradata Databaseサブシステムと関数が連動する必要があるため、運用コストが高くなる可能性があります。データ温度はすぐには変化しないため、潜在的な問題を調査する必要がない限り、tdheatmapは頻繁(1時間ごとまたは1日ごと)に実行する必要はありません。
  • データ温度は相対的な概念です。そのため、HOT、WARM、およびCOLDの温度を決定する特定の温度値が、AMP間で異なる場合があります。これは、異なるAMPおよび異なるシステムのヒート マップ データを比較するときの考慮事項です。

追加情報

tdheatmapテーブル関数の詳細については、<Teradata Vantage™ SQL演算子とユーザー定義関数、B035-1210>および<Teradata Vantage™ データベース設計、B035-1094>を参照してください。