16.20 - モニター セッションAPIのReqHotAmpSpool - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage NewSQLエンジンのリリース サマリー

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
リリース ノート
Publication ID
B035-1098-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

この機能は、セッションごとのスプール使用率を収集およびレポートします。この情報は、MONITOR SESSION PM/APIでレポートされ、MonitorMySessionsおよびMonitorSession Open APIのReqHotAmpSpoolおよびReqHotAmpSpoolId列でレポートされます。ReqHotAmpSpoolは、最も高い使用率のAMPのスプール値を格納し、ReqHotAmpSpoolIdは、現在のリクエストに対して最も高いスプール使用率のAMPのVproc IDを提供します。

利点

  • この機能では、セッションごとにスキューしたスプールの使用率を追跡できます。
  • この機能では、信頼できるセッションのプロキシ ユーザーで最も共有されたスプールの使用率を特定できます。
  • ViewpointまたはカスタムPM/APIアプリケーションのこの機能を使用するか、アドホックなクエリーにはOpen APIを使用します。

考慮事項

  • MONITOR SESSION PM/APIリクエストの場合は、モニター ソフトウェア バージョン13を使用して、この機能で説明されているデータをレポートする必要があります。

追加情報

詳細については、<Teradata Vantage™アプリケーション プログラミング リファレンス、B035-1090>を参照してください。