16.20 - 自動統計の強化機能 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage NewSQLエンジンのリリース サマリー

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
リリース ノート
Publication ID
B035-1098-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

この機能は、ログ記録されたXMLドキュメントを並列して解析および処理することにより、Analyzerのパフォーマンスを向上します。これらのXMLドキュメントは、ジョブ分析によって分析される、統計情報の推奨事項および使用状況データを格納します。

利点

  • 並列構文解析は、DIPSTATSからデフォルトで有効です。
  • この機能を個別のアナライザ ジョブで有効または無効にすることができます。

考慮事項

  • 分析ジョブに対するスプール領域使用状況が大きくなる可能性があります。スプール領域を増やすか、短い期間で運用するか、またはクエリー ログ データの短い部分で運用することをお勧めします。
  • 並列構文解析をする必要がない場合、ユーザーは手動で無効にする必要があります。例: UPDATE TDStats.DefaultsTbl SET DefaultValue = 'N' WHERE SettingName = 'Analyze_Parse_Parallel';

追加情報

自動統計の強化機能の詳細については、<Teradata Vantage™アプリケーション プログラミング リファレンス、B035-1090>を参照してください。