16.20 - PIVOT IN-Listでのサブクエリーのサポート - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage NewSQLエンジンのリリース サマリー

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
リリース ノート
Publication ID
B035-1098-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

ハード コードされた定数としてPIVOT INリスト句への入力値を生成するために別のクエリーを発行するオーバーヘッドを回避するため、クエリーをPIVOT INリストのサブクエリーとして発行できるようになりました。この機能強化は、単一の値を返すのではなく複数の値を返すサブクエリーをサポートします。

利点

  • PIVOT INリストに長い値のリストを提供する代わりに、サブクエリーを使用することができます。
  • PIVOT操作にサブクエリーの結果を使用できます。

考慮事項

INリストにサブクエリーを持つPIVOTは、複文リクエストではサポートされていません。PIVOT列は最適化フェーズで動的に決定されます。この動的な振る舞いのため、INリストにサブクエリーを持つPIVOTクエリーを使用する場合は以下について考慮する必要があります。

  • DDL作成文ではサポートされていません。
  • ストアド プロシージャのカーソルFETCH文ではサポートされていません。
  • INリスト内にサブクエリーが与えられたPIVOTクエリーでは、SET演算は使用できません。
  • 結果のPIVOT列名はSELECTリストで明示的に指定できません。
  • ORDER BY句はサポートされません。

追加情報

詳細については、<Teradata Vantage™ SQL関数、式および述部、B035-1145>のPIVOTを参照してください。