16.20 - 複雑なデータ型の利便性とパフォーマンスの向上 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage NewSQLエンジンのリリース サマリー

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
リリース ノート
Publication ID
B035-1098-162K-JPN
Language
日本語 (日本)
この機能は、ST_GEOMETRY、XML、およびJSON複合データ型(CDT)の次の拡張機能を提供します。
  • ST_GEOMETRYとXMLのデータ型は可変長にできるようになりました。これらの型の最大長は、インスタンスごとに定義できます。
  • ST_GEOMETRY、XML、およびJSONデータ型のインラインの長さを指定できます。インラインの長さを使用して、インライン記憶サイズを指定します。
  • ST_GEOMETRY、XML、およびJSONは、最大長がインライン長に等しい場合、非LOB型として扱われます。
  • 次のユーザー定義型(UDT)およびCDTは複数の変換グループを持つことができます。
    • 構造化と固有UDT
    • ST_GEOMETRY、XML、およびJSON
    • 新しいDATASETデータ型

    各UDTは、最大16の変換グループを持つことができます。CREATE PROFILE/ MODIFY PROFILE文およびCREATE USER/MODIFY USER文の新しいTRANSFORMオプションを使用すると、特定のUDTに使用する変換グループを選択することができます。

  • CREATE TRANSFORM/REPLACE TRANSFORMを使用すると、1つのDDL文に複数の変換グループを作成したり、UDTに追加の変換を追加したりできます。ただし、新しい変換を作成できるのは、STRUCTURED型UDTとDISTINCT型UDTに対してのみです。CDTに対して新しい変換を作成することはできません。

利点

  • ST_GEOMETRYまたはXML型の最大長が可変長になったため、VARBYTEまたはBLOBデータ型と同様の方法で型が使用されている場所で長さを調節することができます。
  • 最大長がST_GEOMETRY、XML、およびJSON型のインラインの長さと同じである場合、これらの型はLOB以外の型として扱われます。この場合、LOBのオーバーヘッドがないため、これらの型を使用するパフォーマンスを大幅に向上できます。これは、ユーザー定義関数でこれらの型を使用する場合に特に当てはまります。
  • CLOB型にオブジェクトを変換する変換グループに加え、ST_GEOMETRY、XML、およびJSON型にはVARBYTE、VARCHAR、およびBLOBの変換のための新しい変換グループがあります。

考慮事項

以前のリリースで、JSON型は戻り値で常にLOB型として扱うことができ、すべてのケースでFNC_GetJSONResultLOBを使用できます(ただし、FNC_GetJSONInfo()はLOB以外として戻り値の型を示します)。この機能を使用すると、FNC_GetJSONResultLOBはもはやLOB以外のJSON型には対応しません。

SQLの変更

  • 指定したST_GEOMETRY、XMLおよびJSONデータ型の更新された構文
  • CREATE TRANSFORMおよびREPLACE TRANSFORM
  • DROP TRANSFORM
  • CREATE PROFILEおよびMODIFY PROFILE
  • CREATE USERおよびMODIFY USER

追加情報

複合データ型の利便性とパフォーマンス拡張機能の詳細については、次を参照してください。
  • Teradata Vantage™地理空間データ型、B035-1181
  • Teradata Vantage™ XMLデータ型、B035-1140
  • Teradata Vantage™ JSONデータ型、B035-1150
  • Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語-構文規則および例、B035-1144
  • Teradata Vantage™データ型およびリテラル、B035-1143