16.20 - DSA: DUMP/RESTORE権限がないときに、アボートではなく、アーカイブ オブジェクトをスキップ - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage NewSQLエンジンのリリース サマリー

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
リリース ノート
Publication ID
B035-1098-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

Data Stream Architecture (DSA)のバックアップ/復元ジョブを実行するユーザーが、ジョブのすべてのデータベース オブジェクトのDUMP/RESTORE権限を持たない場合、DSAはジョブを中止します。バックアップ/復元ジョブはよく夜間に実行されるため、これによって問題が発生する場合があります。DBAは、夜間のバックアップ時間帯に問題を検出し、ジョブを再実行するための時間がない場合があります。新しいDSAジョブ オプションskip_archiveを使用すると、顧客は、ユーザーがバックアップまたは復元するための権限を持っていないオブジェクトに対してバックアップ/復元ジョブをスキップすることができます。DSAは、DUMP/RESTOREの権限違反が発生した場合に警告を発行し、ジョブを継続します。

利点

  • バックアップ サイクルの損失を防ぐ
  • 顧客データを保護する

考慮事項

ユーザーは、ジョブ定義を含むXMLファイルにskip_archiveオプションを明示的に含める必要があります。このオプションを指定しない場合は、DUMP/RESTORE権限違反によってジョブがアボートします。

追加情報

詳細については、<Teradata® DSAユーザー ガイド、035-3150>を参照してください。