列パーティション化された結合インデックス - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 詳細トピック

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
17.00
Published
2020年6月
Language
日本語
Last Update
2021-03-30
dita:mapPath
ja-JP/jpx1556733107962.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/jpx1556733107962.ditaval
dita:id
B035-1184
Product Category
Software
Teradata Vantage

列パーティション結合インデックスの主な利用法は、列パーティション化されていない基本となる基本テーブルの代替物理データベース設計を提供することです。 これにより、構成が大きく異なる同一のデータを保持して、さまざまな問合せワークロードをサポートすることができます。 構成が大きく異なるこれらの同一データを持つことにより、標準的な行構造を持つテーブルでパフォーマンスが向上するクエリーのセット、および列パーティション物理テーブルでパフォーマンスが向上するもう1つのクエリー セットというように、さまざまなタイプのクエリーを用意することができます。 この2番目のケースでは、構文解析プログラムは、テーブルの列パーティション結合インデックスを標準的な行構造で置き換え、基本データ テーブルの行指向のストレージで実現可能なパフォーマンスよりも優れたパフォーマンスを実現できます。

もちろん、列パーティション化およびサポート結合インデックスを同じ列で使用して、基本データ テーブルを作成することもできます。ただし、行指向の物理設計が使用されます。 2つのメソッドは同じように使用でき、それぞれ他方のメソッドに対して特定の利点があるわけではありません。