17.00 - 17.05 - STRUCTURED型UDTの割り当て - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 詳細トピック

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Release Date
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1184-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

STRUCTURED型UDTの目的からすると、割当て操作は挿入、更新、およびパラメータ受渡しのSQL操作のみであると定義されます。

STRUCTURED型UDT値は、デフォルトで同じ型のソースとともにのみ割り当てることができます。STRUCTURED型UDTターゲットへの異なるデータ型の割り当てをサポートするには、割り当てに対して暗黙的に呼び出すことが可能な、特定のタイプからSTRUCTURED型UDTへのキャストを作成する必要があります(CREATE CASTとREPLACE CASTを参照)。