テーブルと結合インデックスの変更に関するルール(データが入っている場合と入っていない場合) - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 詳細トピック

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
17.00
Published
2020年6月
Language
日本語
Last Update
2021-03-30
dita:mapPath
ja-JP/jpx1556733107962.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/jpx1556733107962.ditaval
dita:id
B035-1184
Product Category
Software
Teradata Vantage
データが入っているテーブルまたは結合インデックスのパーティションの変更に関するルールを以下にまとめます。
  • データが入っているパーティション テーブルを変更して、パーティションを削除することはできません。
  • データが入っている非パーティション テーブルを変更して、パーティションを追加することはできません。
  • PARTITION BY句で、データが入っているパーティション テーブルのパーティションを変更して、新しいパーティションを定義することはできません。
  • DROP RANGE句とADD RANGE句の任意のまたは両方を使用し、データが入っているパーティション テーブルのパーティションを変更して、新しいパーティションを定義できるのは、DROP RANGE#Ln句とADD RANGE#Ln句を使用して、新しいパーティション式を定義するときに、それらの句で、一連の範囲の最初または最後以外の範囲を削除せず、少なくとも1つの範囲を残し、結果的に最初と最後になる範囲の間に範囲を追加しない場合に限られます。

    テーブルにマルチレベル パーティションがあり、パーティション式の変更にNO RANGEまたはUNKNOWNのパーティションの削除が含まれている場合、そのパーティション式は、以前に変更されたことがないパーティション式でなければなりません。

    1つのレベルのパーティションの数は、1からそのレベルで定義されている最大数までの間の数にならなければなりません。