17.00 - 17.05 - 予約済みのストレージ管理用TVSTemperatureクエリー バンド - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 詳細トピック

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Release Date
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1184-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

一般に、顧客が作成したアプリケーションでは予約済みのクエリー バンド名を使用することはできません。これは、Teradataが作成したアプリケーションおよびサード パーティのTeradataパートナーが作成したアプリケーションが使用するために予約されています。ただし、TVSTemperatureクエリー バンドは、このルールの例外です。Teradata Virtual Storageと温度に基づくブロック レベル圧縮の両方に対応しているからです。

TVSTemperatureクエリー バンドは、有効なBLOCKCOMPRESSIONオプションがAUTOTEMPになっているテーブルで使用します。AUTOTEMPをアクティブにするには、BLCとTempBLCの両方をDBS制御で有効にする必要があります。その場合、TVSTemperatureクエリー バンドでは、テーブル データを格納するテーブル シリンダの温度を指定します。この温度に基づいて、テーブルのブロックの圧縮または非圧縮の状態が決まります。DBS制御パラメータTempBLCThreshで、どれほどの温度でデータを圧縮し、どれほどの温度でデータの圧縮を解除するのかを指定します。

ブロック レベル圧縮の温度バンドを次に示します。パーセンテージは概算です。

温度 説明
COLD アクセス頻度が最も低い20%のデータ。
WARM COLDバンドとHOTバンドの間にある残りの60%のデータ。
HOT アクセス頻度が最も高い20%のデータ。
VERY HOT Very Hotキャッシュ リストに追加する必要があり、TVSTemperatureクエリー バンドを使用してロードされるときに温度をVery Hotに設定する必要があると、ユーザーまたはTeradata Virtual Storageが判断するデータ。
TVSTemperatureで使用するクエリー バンド名を以下にまとめます。
  • TVSTEMPERATURE_PRIMARY
  • TVSTEMPERATURE_PRIMARYCLOBS
  • TVSTEMPERATURE_FALLBACK
  • TVSTEMPERATURE_FALLBACKCLOBS

それぞれのクエリー バンド名で、VERY HOT、HOT、WARM、COLDのいずれかを指定できます。

これらのクエリー バンドは、セッションでもトランザクションでも有効です。

これらのクエリー バンド名の詳細については、<Teradata Vantage™ - Teradata® Virtual Storage、B035-1179>を参照してください。

すでに割り当てられたシリンダに追加されているテーブル データは、ユーザーがクエリー バンド用に設定した温度ではなく、最初にシリンダ用に設定された温度を保持します。