17.00 - 17.05 - 永久ジャーナルの準備 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 詳細トピック

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Release Date
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1184-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

CREATE DATABASE、MODIFY DATABASE、CREATE USER、またはMODIFY USER文の一部としてデフォルトのJOURNALテーブル オプションとジャーナル テーブル名を指定すると、永久ジャーナル テーブルが作成されてアクティブ化されます。CREATE DATABASECREATE USERMODIFY DATABASE、および MODIFY USER を参照してください。テーブルは、それを定義したデータベースまたはユーザー領域内に存在します。指定されたJOURNALパラメータは、そのデータベースまたはユーザー領域に作成されるすべてのデータ テーブルのデフォルトとして働きます。

新しいテーブルを定義する際に、CREATE TABLE文にJOURNALオプションを指定することによって、確立されている永久ジャーナリングのデフォルトを上書きすることができます。データベースまたはユーザーが作成されたときに設定されたオプションに関係なく、ジャーナル テーブル、イメージの種類(変更前、変更後、または両方)、および作成されたテーブルに対して二重イメージを維持するかどうかを設定することができます。

テーブルの構造を変更するときにはいつでも、そのバージョン番号は大きくなります。以下のプライマリ インデックスへの変更は、テーブル構造への変更と見なされます。
  • テーブル構造のパーティションへの変更
  • テーブル構造の固有性への変更
  • テーブル構造の列セットの定義への変更

テーブルのバージョン番号の変更の結果として、前のテーブルのバージョンからの永久ジャーナルのロールフォワードおよびロールバック操作はもはや有効ではありません。

既存のテーブルに対する永久ジャーナリングは、ALTER TABLE文を使用してアクティブ化できます。ALTER TABLE (テーブルの基本的なパラメータ)(特に永久ジャーナルの活動化)を参照してください。

永久ジャーナルは、NoPIテーブル、列パーティション テーブル、グローバル一時テーブルまたは揮発テーブルではサポートされません。