17.00 - 17.05 - 行レベル セキュリティ関数のパラメータ形式の一般的なルール - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 詳細トピック

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Release Date
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1184-170K-JPN
Language
日本語 (日本)
次のルール セットが、すべての行レベル セキュリティ関数のパラメータ形式に適用されます。
  • 関数のパラメータ形式がSQLの場合、制約列はnullを受け入れることができます。

    行レベル セキュリティUDFのパラメータ形式SQLは、UDFの各入出力パラメータが、戻り値がnullであるかどうかを示す2番目の標識変数パラメータを持つよう指定します。

  • 関数のパラメータ形式がTD_GENERALの場合、制約列はnullを受け入れることができません。
  • 戻り値標識変数の値が-1の場合、関数の出力パラメータの値はnullです。
  • 関数呼び出しの結果は、Teradata Databaseがターゲット行に入れる値である必要があります。
  • 行レベル セキュリティUDFのパラメータ形式SQLは、UDFに対する各入出力パラメータが、2番目の標識変数パラメータを持つよう指定します。

    また、行レベル セキュリティUDFのSQLパラメータ形式は、UDFの各入出力パラメータが、戻り値がnullであるかどうかを示す2番目の標識変数パラメータを持つよう指定します。

    UDFのCまたはC++の定義では、標識変数パラメータのセットは、対応する値のパラメータのセットに従います。標識変数パラメータは、値のパラメータと同じ順序で指定する必要があります。

    標識変数の値 対応する値のパラメータ
           -1 nullであり、定義されていないことを意味します。
             0 nullではありません。
  • 行レベル セキュリティUDFに対して指定するRETURNSデータ型は、関数が実行するステートメント アクションに依存します。
    関数が実装するステートメント アクション RETURNS句の必須データ型
    • INSERT
    • UPDATE
    アプリケーションの制約の指定に使用されるデータ型と同じです。

    パラメータの値は、行に挿入する値、または行で更新される値です。

    • DELETE
    • SELECT
    値TまたはFを返すCHARACTER(1)型。

行レベル セキュリティ関数の種類に固有のパラメータ形式情報の詳細については、INSERTおよびUPDATEの行レベル セキュリティ ポリシー関数のルールおよびSELECTおよびDELETEの行レベル セキュリティ ポリシー関数のルールを参照してください。