クライアント バッチ式ロード ユーティリティを有効にするためのハッシュ インデックスの削除に対する考慮事項 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 詳細トピック

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
17.00
Published
2020年6月
Language
日本語
Last Update
2021-03-30
dita:mapPath
ja-JP/jpx1556733107962.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/jpx1556733107962.ditaval
dita:id
B035-1184
Product Category
Software
Teradata Vantage

対象ハッシュ インデックスにアクセスするクエリーが動作している限り、MultiLoadやFastLoadなどのユーティリティによってバッチ式データ ローディングを有効にするためハッシュ インデックスを削除できません。このようなクエリーのたびに、実行中はハッシュ インデックスでREADロックがかけられます。したがってREADロックが解除されるまでDROP HASH INDEXトランザクションの完了はブロックされます。さらに、DROP HASH INDEXトランザクションが実行中である限り、ハッシュ インデックスの基盤テーブルに対するバッチ式データ ローディング ジョブは、処理を開始できません。インデックスを定義する実テーブルに対するDROP HASH INDEXによるEXCLUSIVEロックがかけられているためです。