クライアント バッチ式ロード ユーティリティを有効にするための結合インデックスの削除に対する考慮事項 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 詳細トピック

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
17.00
Published
2020年6月
Language
日本語
Last Update
2021-03-30
dita:mapPath
ja-JP/jpx1556733107962.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/jpx1556733107962.ditaval
dita:id
B035-1184
Product Category
Software
Teradata Vantage

対象結合インデックスにアクセスするクエリーが動作している限り、MultiLoadやFastLoadなどのユーティリティによってバッチ式データ ローディングを有効にするため結合インデックスを削除できません。このようなクエリーのたびに、実行中は結合インデックスでREADロックがかけられます。したがってREADロックが解除されるまでDROP JOIN INDEXトランザクションの完了はブロックされます。さらに、DROP JOIN INDEXトランザクションが実行中である限り、結合インデックスの基盤テーブルに対するバッチ式データ ローディング ジョブは、処理を開始できません。インデックスを定義する実テーブル セットに対するDROP JOIN INDEXによるEXCLUSIVEロックがかけられているためです。