更新可能なDATE、CURRENT_DATE、またはCURRENT_TIMESTAMPで定義された行パーティションの変更 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 詳細トピック

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
17.00
Published
2020年6月
Language
日本語
Last Update
2021-03-30
dita:mapPath
ja-JP/jpx1556733107962.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/jpx1556733107962.ditaval
dita:id
B035-1184
Product Category
Software
Teradata Vantage

Teradata Databaseには、更新可能なDATE、更新可能なCURRENT_DATE、更新可能なCURRENT_TIMESTAMPという任意の組み込み関数で定義されているテーブルの行パーティション(または結合インデックス定義のWHERE句)を変更するための特殊バージョンのALTER TABLE文、つまり、ALTER TABLE TO CURRENTが用意されています(ALTER TABLE TO CURRENTを参照)。

ALTER TABLE TO CURRENTは、テーブルまたは結合インデックスのパーティション式、あるいは結合インデックスのWHERE句でこれらの関数が指定されている場合にそれらの関数の値を調整する用途に特化した機能です。

ALTER TABLE TO CURRENTリクエストに関するルールは、行パーティションと列パーティションで同じですが、テーブルまたは結合インデックスに行パーティションと列パーティションの両方があると、パフォーマンスに悪影響が出る可能性があります。テーブルの行を行パーティション間で移動する操作には、大きなコストがかかる場合が多いからです。

ALTER TABLE TO CURRENT文を持つALTER TABLE … REVALIDATE PRIMARY INDEXリクエストの機能の比較については、ALTER TABLE TO CURRENTおよびALTER TABLE … REVALIDATEの比較のテーブルを参照してください。