グローバル一時テーブル、グローバル一時トレース テーブル、および揮発テーブルのサポート - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 詳細トピック

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
17.00
Published
2020年6月
Language
日本語
Last Update
2021-03-30
dita:mapPath
ja-JP/jpx1556733107962.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/jpx1556733107962.ditaval
dita:id
B035-1184
Product Category
Software
Teradata Vantage

1つのビュー内でグローバル一時テーブル、グローバル一時トレース テーブル、および揮発テーブルを参照できます。

グローバル一時テーブル、グローバル一時トレース テーブル、または揮発テーブルを含むビューにアクセスするときには、そのテーブルに対するすべての参照が、現在のセッション内の対応するグローバル一時テーブル、グローバル一時トレース テーブル、または揮発テーブルにマップされます。

アプリケーションが、ビューを介してグローバル一時テーブルに行を挿入するINSERTリクエストを実行し、そのテーブルが現在のセッション内で実体化されていない場合には、INSERTリクエストの実行時にテーブルのインスタンスが作成されます。行をビューを介してグローバル一時トレーステーブルに挿入することはできません。

INSERTリクエストが揮発テーブルに対して発行された場合には、揮発テーブルに対する参照は、すべて、現在のセッション内でそれらの名前を持つ揮発テーブルにマップされます。ビュー内で参照される揮発テーブルが、ビューの実行の前にセッションから削除された場合には、システムはリクエスト側にエラーを返します。