文字パーティション用のMODIFYオプションに関するルール - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 詳細トピック

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
17.00
Published
2020年6月
Language
日本語
Last Update
2021-03-30
dita:mapPath
ja-JP/jpx1556733107962.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/jpx1556733107962.ditaval
dita:id
B035-1184
Product Category
Software
Teradata Vantage

MODIFY PRIMARY句に関する一般的なルールおよびマルチレベル パーティション用のMODIFYに関するルールに記載の非文字パーティション用のMODIFYオプションに関するルールも、文字パーティション、および列パーティション テーブルまたは結合インデックスの文字行パーティション レベルに適用されます。

次のルールは、文字行パーティション レベルに固有のものです。
  • 文字、または比較記号(=、>、≤、など)、BETWEENやLIKEなどを含めてパーティション式を指定できます。
  • 文字行パーティション式では、Kanji1またはKanjiSJISの列または定数式を指定できません。
  • 文字行パーティション式は、テーブルの1つ以上の列に基づいている必要があります。また、決定式は、パーティション式の記述対象のテーブルまたは結合インデックスの列に基づいている必要があります。
  • 文字パーティション式で指定する式と参照先の列は、CLOBデータ型以外でなければなりません。
  • 文字行パーティション式で指定する式に以下の関数を組み込むことはできません。
    • 集約関数
    • 組み込み関数
    • 行をグループ化するOLAP関数
    • すべての種類のUDF
    • HASHAMP関数
    • HASHBAKAMP関数
    • RANDOM関数
  • 行パーティション式で指定する式に、以下のシステム派生列、演算子、SELECT SUBQUERYを組み込むことはできません。
    • ROWID
    • PARTITION
    • PARTITION#Ln
    • 集合演算子
    • Subquery