SQL NameまたはSQL Titleの区切り文字の決定 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 詳細トピック

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
17.00
Published
2020年6月
Language
日本語
Last Update
2021-03-30
dita:mapPath
ja-JP/jpx1556733107962.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/jpx1556733107962.ditaval
dita:id
B035-1184
Product Category
Software
Teradata Vantage

HELP文からSQL NameまたはSQL Titleが返される際、クライアント セッション文字セットに変換不可の文字がそれぞれ対応するUNICODE識別子に置換されます。各UNICODE識別子の前には区切り文字が付きます。

セッション文字セットで使用可能な文字に応じて、次の区切り文字のいずれかが、以下に示す順序でSQL NameとSQL Titleで使用されます。

  • BACKSLASH (U+005C)
  • YEN SIGN (U+00A5)またはWON SIGN (U+20A9) (セッション文字セットの0x5Cにどちらが存在するかに基づく)
  • NUMBER SIGN (U+0023) (サポートされているすべてのセッション文字セットに存在する)

各SQL Nameフィールドに続くUEscapeフィールドは、使用される区切り文字を示します。