文トリガーを使用するべき状況 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 詳細トピック

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
17.00
Published
2020年6月
Language
日本語
Last Update
2021-03-30
dita:mapPath
ja-JP/jpx1556733107962.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/jpx1556733107962.ditaval
dita:id
B035-1184
Product Category
Software
Teradata Vantage

INSERT ... SELECT文などの複数行走査では、一般に文トリガーのほうが優れた選択肢です。文トリガーでトリガーされるアクションは1回だけ実行されるのに対し、行トリガーでトリガーされるアクションは遷移テーブルにある適格な行ごとに実行され、それがパフォーマンスを低下させる可能性があります。

文トリガーでは、WHEN条件が1回だけ検査され、OLD TABLEまたはNEW TABLE列およびトリガー テーブルの列の情報にアクセスすることがあります。

WHEN条件は必ず単一の結果を出力するので、OLD TABLEとNEW TABLE列参照の典型的な使用法は、集約です。

文トリガーが起動するのは1回だけですが、WHEN条件によって作成される結合条件がパフォーマンスに影響を与えることがあります。UPDATE AFTER文トリガーにのみ有効なOLD_NEW_TABLE参照を指定すると、結合操作が削除され、しばしばWHERE句のフィルタリング条件が不要になる点に注意してください。