セッション モードがプロシージャのDDLリクエストに与える影響 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 詳細トピック

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
17.00
Published
2020年6月
Language
日本語
Last Update
2021-03-30
dita:mapPath
ja-JP/jpx1556733107962.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/jpx1556733107962.ditaval
dita:id
B035-1184
Product Category
Software
Teradata Vantage
SQLプロシージャの本体に指定されるDDLリクエストの実行時の動作は、プロシージャの作成時に実行されるセッション モードによって異なります。
  • Teradataセッション モードのプロシージャの明示的なトランザクション内で指定されるDDLリクエストは、そのトランザクションで指定された最後のリクエストでなければなりません。 そうしないと、システムによって実行時例外が出されます。
  • ANSIセッション モードでプロシージャを実行する際、プロシージャ本体で指定されるそれぞれのDDLリクエストは、COMMIT WORKリクエストで明示的に終了されなければなりません。 そうしないと、システムによって実行時例外が出されます。