17.00 - 17.05 - tosqlデータ変換ルーチンのルール - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 詳細トピック

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Release Date
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1184-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

tosqlルーチンは事前定義データ型をUDTにデータ変換します。

tosqlデータ変換ルーチンは通常、FastLoadなどのユーティリティによって、受け取るクライアント データをデータベースの対応するUDTデータ型に直接変換するために使用されます。

tosqlルーチンのルールは、以下のとおりです。
  • tosqlデータ変換ルーチンはUDFだけになることができる。

    メソッドは無効です。

  • tosql UDFデータ変換ルーチンはDETERMINISTICとして定義されている必要がある。
  • tosql UDFデータ変換ルーチンには宣言済みのパラメータを1つだけ指定する必要があり、そのパラメータは事前定義データ型でなければならない。

    RESULTデータ型はUDTでなければなりません。

  • tosql UDFデータ変換ルーチンはSYSUDTLIBデータベース内に含まれている必要がある。
  • tosqlデータ変換ルーチンとfromsqlルーチンの両方を宣言する場合、tosqlルーチンの宣言済みパラメータ データ型はfromsqlルーチンのRESULTデータ型と同一である必要があります。