17.00 - 17.05 - プロシージャ属性 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 詳細トピック

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Release Date
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1184-170K-JPN
Language
日本語 (日本)
属性 説明
Transaction Semantics
  • ANSIはANSIトランザクション セマンティクスを示します。
  • TERADATAはTeradataトランザクション セマンティクスを示します。
Platform LINUXはLinuxオペレーティング システムを示します。
Character Set
  • ASCIIはASCII文字セットを示します。
  • EBCDICはEBCDIC文字セットを示します。
  • KANJISJISは漢字シフトJISコード(DOS漢字)文字セットを示します。
  • KANJIEBCDICは漢字EBCDIC文字セットを示します。
Default Character Data Type
  • GRAPHICはIBM DB2 Graphicサーバー文字データ型を示します。
  • KANJI1は非当用漢字サーバー文字データ型を示します。
  • KANJISJISは標準的な漢字を示します。これは、シフトJISサーバー文字データ型です。
  • LATINはTeradata Latinサーバー文字データ型を示します。
  • UNICODEはUnicodeサーバー文字データ型を示します。
Collation 以下の照合がサポートされます。Teradata Databaseでサポートされるさまざまな照合の詳細については、CREATE USERまたは<Teradata Vantage™ - Advanced SQL Engine国際文字セット サポート、B035-1125>を参照してください。
  • ASCII
  • CHARSET_COLL
  • EBCDIC
  • JIS_COLL
  • MULTINATIONAL
Stored Procedure Text
  • Nは、プロシージャを定義する文が格納されないことを示します。
  • Yは、プロシージャを定義する文がプロシージャ オブジェクトに格納されることを示します。
Version Number
  • 00は、プロシージャがV2R4.0で作成されたことを示します。
  • 01は、プロシージャがV2R4.1で作成されたことを示します。
  • 02は、プロシージャがV2R4.2で作成されたことを示します。
  • 03は、プロシージャがV2R5.0で作成されたことを示します。
  • 04は、プロシージャがV2R6.0で作成されたことを示します。
  • 05は、プロシージャがV2R6.2で作成されたことを示します。
  • 06は、プロシージャがV2R7.0で作成されたことを示します。
  • 07は、プロシージャがTeradata Database 13.0で作成されたことを示します。
  • 08は、プロシージャがTeradata Database 13.10で作成されたことを示します。
  • 09は、プロシージャがTeradata Database 14.0で作成されたことを示します。
  • 10は、プロシージャがTeradata Database 14.10で作成されたことを示します。
  • 11は、プロシージャがTeradata Database 15.0で作成されたことを示します。
  • 12は、プロシージャがTeradata Database 15.10で作成されたことを示します。
Default Database プロシージャのデフォルトのデータベース名は、作成者のデフォルトのデータベースです。
Warning Option
  • Nはすべてのコンパイル警告が抑止されることを示します。
  • Yはデフォルトです。

    プロシージャのコンパイル時または再コンパイル時に生成されたすべてのコンパイル警告がユーザーに返されることを示します。

Creation Timezone プロシージャの作成時または最終変更時のタイムゾーン オフセット。
Creation Timezone String プロシージャの作成時または最終変更時に、プロシージャにタイムゾーン オフセットを設定するために使用されるタイムゾーン文字列。

GMTタイムゾーン指定を使用してプロシージャが作成または変更された場合は、何も返されません。