17.00 - 17.05 - 参照制約の使用に関するルール - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 詳細トピック

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Release Date
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1184-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

参照整合性を実際に施行しないことを除き、参照制約のほとんどのルールは、FOREIGN KEY制約およびREFERENCES制約で説明されているルールと同一です。

ただし、この後に記載するルールは例外で、特に参照制約の指定および使用に適用されます。
  • 以下の両方の制約タイプに参照制約を指定することができます。
    • FOREIGN KEY (FK_column_set) REFERENCES (parent_table_PK_column_set)
    • (NFK_column_set) REFERENCES (parent_table_AK_column_set)

      NFKは、非外部キーを、parent_table_AK_column_setは、親テーブル内の代替キーを示しています。

  • 参照制約は、システムによって強制されなくても、親として参照されるテーブルに最大64の参照カウントを許可します。
  • INSERT、DELETE、およびUPDATE文は、未解決の、整合性のない、または無効な参照制約を持つテーブルには許可されません。このルールは、標準およびバッチRIに施行されるルールと同一です。
  • 制約において参照されるテーブルのプライマリ キーとなる候補キーは、PRIMARY KEYキーワードやUNIQUEキーワードを使用したりテーブル定義でUSIであると宣言することで、固有であると明示的に宣言する必要はありません。