データ型および属性の定義 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 詳細トピック

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
17.00
Published
2020年6月
Language
日本語
Last Update
2021-03-30
dita:mapPath
ja-JP/jpx1556733107962.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/jpx1556733107962.ditaval
dita:id
B035-1184
Product Category
Software
Teradata Vantage

列に定義されたデータ型は、新しい型が既存のデータを変更する必要がない場合にのみ、変更することができます。列のデータ型の変更についてのルールは、列のデータ型の変更に関するルールに示してあります。セッション モードの変更については、列のデータ型を変更する手順も参照してください。

既存の列では、LOBデータ型以外のデータ型および属性について、以下のルールが当てはまります。

以下のいずれかを指定できます。
  • FORMAT、TITLE、DEFAULT、またはWITH DEFAULT句
  • 既存の行への再書込みを必要としないデータ型属性またはデータ型の変更

以下の表に、タイプおよび属性定義の変更の有効な例と無効な例を示します。

変更する形式 変更後の形式 場合
CASESPECIFIC NOT CASESPECIFIC 有効
NOT CASESPECIFIC CASESPECIFIC 有効
CASESPECIFIC UPPERCASE 無効
 
VARCHAR(6) VARCHAR(12) 有効
VARCHAR(12) VARCHAR(6) 無効
BLOBデータ型およびCLOBデータ型については、以下の列属性だけを変更できます。
  • NULL
  • NOT NULL
  • TITLE
  • FORMAT

BLOBまたはCLOBデータで他のデータ型属性を使用することはできません。

CHARACTER、VARCHAR、CLOBの各データ型で文字データ セットKANJI1を指定することはできません。