ターゲット テーブルの種類のデフォルト - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 詳細トピック

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
17.00
Published
2020年6月
Language
日本語
Last Update
2021-03-30
dita:mapPath
ja-JP/jpx1556733107962.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/jpx1556733107962.ditaval
dita:id
B035-1184
Product Category
Software
Teradata Vantage

ソースが基本テーブルであり、明示的にテーブルの種類を指定しない場合、ターゲット テーブルの種類はデフォルトでソース テーブルの種類になります。

省略されたCT … AS構文を使用する場合、テーブルの種類は指定できません。このため、CT … AS構文を使用すると、ソース テーブルの種類がシステムにより自動的にターゲット テーブルにコピーされます。

ソース テーブルが副クエリーの場合は、以下のテーブルに示すように、CREATE TABLE文で明示的にテーブルの種類を指定しなければ、システムはセッション モードのデフォルトのテーブルの種類を使用してターゲット テーブルを作成します。

Subquery を使用してターゲット テーブルにコピーするセッションのモード 明示的に別の種類を指定した場合を除く、ターゲット テーブルの種類
ANSI MULTISET
Teradata SET

たとえば、副クエリーを使用して定義をANSIセッション モードでターゲット テーブルにコピーすると、ターゲット テーブルの種類は、CREATE TABLE … AS …文でSETテーブルの種類を明示的に指定しない限り、MULTISETがデフォルトになります。