HELPレポート データからセッション文字セットへの変換 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 詳細トピック

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
17.00
Published
2020年6月
Language
日本語
Last Update
2021-03-30
dita:mapPath
ja-JP/jpx1556733107962.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/jpx1556733107962.ditaval
dita:id
B035-1184
Product Category
Software
Teradata Vantage

HELPリクエストの結果として報告される属性データは、以下の一般ガイドラインに従ってデータ ディクショナリからクライアント セッション文字セットに変換されます。ただし、個々のHELP文について特に指定がない場合に限ります。

ほとんどのHELP属性データは、システムによってUNICODEからセッション文字セットに変換されます。たとえば、次のようになります。
  • 名前と名前リスト
  • タイトル
  • コメントなどのテキスト フィールド
  • 数値(バイナリからUNICODE、セッション文字セットの順に変換)
  • Format属性
以下に示す一部のHELP属性データについては、UNICODEから変換されません。
  • CHARACTER(1)フィールドおよびCHARACTER(2)フィールド(TVMコードやデータ型など)。CHARACTER SET LATINからセッション文字セットに変換される。
  • 固定の値グループのいずれかを返す属性。UTF8(24)を使用して値を返すStateなど。
  • UEscape文字とそれに続く16進表現として返される変換不可の文字データ。
  • 従来の名前。これらの名前は変更されず、言語サポート モードの形式で維持される。